grabss

バイオメトリクス認証による情報表示システムの特許出願

〜特許を活用したバイオメトリクス認証システムも近日中に公開予定〜

株式会社grabss (グラブス/本社:東京都世田谷区、代表取締役:下平誠一郎) は、バイオメトリクス認証技術に関する研究開発を進めており、このたび、特許庁に「生体情報を用いた本人認証による情報表示システム」に関する特許を2019年2月21日に出願したことを本日発表します。


当社では、「世界へ新しいサービスモデルを創出する」ことを経営ビジョンとしており、新技術の企画・開発やサービスの企画・開発・運営を行っています。今回、バイオメトリクス認証技術の研究開発と社会実装を進めるにあたり、「生体情報を用いた本人認証による情報表示システム」を開発し、特許を出願しました。現在、出願中の本情報表示システムを活用したバイオメトリクス認証システムを開発中で、近日中に正式に提供を開始する予定です。


■本リリースの詳細はこちら
grabss、バイオメトリクス認証による情報表示システムの特許出願