grabss

電子チケット販売サイトTIGETで“顔認証チケット”と“公式リセール”を提供開始

〜2019年6月施行のチケット不正転売禁止法を見据えて導入〜


株式会社grabss(グラブス/本社:東京都世田谷区、代表取締役:下平誠一郎)は、運営する電子チケットの販売・購入・予約サイト「TIGET(チゲット)」のサービスにおいて、チケットに顔認証を導入できる『本人認証機能(β版)』とチケットを再販売できる『公式リセール機能』の提供を2019年4月3日(水)より開始しました。

pressrelease_header_20190403
最も使いやすく最も手軽なリセール


本人認証機能(β版)は、顔認証システム「FaceOpen」による顔情報データを用いた本人認証(バイオメトリクス認証)機能です。また、公式リセール機能は、TIGETにて正規購入した電子チケットを額面価格(フェイスバリュー)で第三者へ再販売できるもので、いずれも、2019年6月に施行される「チケット不正転売禁止法」(特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律)への対応としています。


■新機能『本人認証機能』について

チケット購入者だけが開くことができるチケットを発券することができるようになりました。顔認証システム「FaceOpen」を導入し、チケット購入前に予め登録された顔情報データとチケットを紐付け、イベント会場でのチケット表示時にチケットに紐付けられた顔情報データとチケット所有者の顔情報データを照合、データが合致する場合にのみチケットを表示します。不正転売が行われたチケットでは、チケットに紐付けられた顔情報データとチケット所有者の顔情報データが一致しないことから、チケットそのものが表示されずイベントに入場することができません。
本機能につきましては、特定の主催者との実証実験をおこない、顔認証システムを用いた本人認証機能の不正転売対策に対する実効性やUI/UXを検証し、今年度内での主催者への一般公開を目指します。


■新機能『公式リセール機能』について

チケットを第三者へリセール(再販売)できるようになりました。リセールは額面価格で行うことができ、不特定多数の第三者に対して再販売されます。これによってチケット売買の交渉ができなくなっています。イベント主催者によってリセールが許可されている、かつ、チケットが売り切れの場合のみ、リセールを行うことができます。特定の方への再販売/分配機能は、今後導入予定です。


■本リリースの詳細はこちら
電子チケット販売サイトTIGETで“顔認証チケット”と“公式リセール”を提供開始