News

近況、プレスリリースをお知らせいたします

grabss

news

特許出願中の情報表示システムを活用した顔認証システム 「FaceOpen」を提供開始

プレスリリース

〜顔認識 AI(人工知能)Web システムを搭載したバイオメトリクス認証システムを独自開発〜

株式会社grabss(グラブス)(本社 : 東京都世田谷区、代表取締役 : 下平誠一郎) は、顔認識AI(人工知能)システムを搭載した顔認証システム「FaceOpen(フェイスオープン)」を 2019 年 3 月 27 日(水)より提供開始しました。

FaceOpen は、第三者によるなりすましや不正利用等の不正アクセス行為に対して効果があり、顔情報データを用いた本人認証(バイオメトリクス認証)を行うことで、特定の個人に限定してドキュメントやチケット等の情報表示をおこなうことができるシステムです。情報表示時に、ドキュメントやチケット等の情報に紐づけられた顔情報データと取得した顔情報データを照合、データが合致する場合にのみ情報を表示します。

grabss では、インターネットサービス上の個人情報管理やライブイベント会場での入場管理など、顔認証によるセキュリティや業務効率化を求める金融機関やフィンテック企業、大学・研究機関、行政機関、インターネットサービス企業、ライブイベント業界などへ本サービスの導入を見込んでいます。

■本リリースの詳細はこちら
grabss、特許出願中の情報表示システムを活用した顔認証システム「FaceOpen」を提供開始

MENU